産後の膣が臭い

赤ちゃんを出産したママさんの中にも、膣の臭いに悩まされる方が少なくないようです。出産したあとの膣の臭いは、大きく分けて2つのタイプがあります。

 

産後の膣が臭い

 

悪露(おろ)の臭い

まず一つ目が悪露(おろ)の臭いです。悪露(おろ)というのは、あまり聞き慣れないかもしれません…。

 

悪露(おろ)とは簡単にいえば、出産によって傷ついた子宮内膜の一部や、卵膜、あるいはリンパ液の残りなどが排出されてくるものを悪露(おろ)と呼びます。その臭いは鉄のような臭いがします。しかし期間的には、1ヶ月もすればその臭いも徐々に無くなっていきます。

 

膣の環境変化による臭い

もう一つが、産後の膣自体の臭いです。これまで、特に膣の臭いに悩まされたことがない人でも、出産を機に膣が臭いはじめるとことも少なくないようです。まるで魚が腐ったような、生臭いような臭いとなるのが特徴です。

 

 

これらの臭いの原因は一体何でしょうか?
キーワードとなるのが、「ホルモンバランスの変化」と「細菌性膣炎の発症」です。


出産によって、体内のホルモンバランスが崩れてしまい、膣内の環境が悪化します。その結果、細菌性腟炎という状態になります。

 

細菌性腟炎というのは、膣の中が細菌などに感染してしまい、膣内が炎症を起こしている状態のことを指します。これは別段珍しい性病というわけではありません。

 

膣の中というのは本来、自浄作用が働くことによって、外部から侵入してくる細菌などをガードしているのですが、出産によるホルモンバランスの変化によって、その自浄作用が低下してしまい、細菌の侵入を防ぐことが難しくなるのです。では、このような細菌性腟炎を防ぐにはどうすればいいのでしょうか?

 

 

細菌性腟炎を防ぐには、膣内部を清潔に保ち、膣内の自浄作用を整えることが重要です。

 

膣内部を清潔に保ち、膣内の自浄作用を整えるために定期的に膣内を洗浄することが大切です

 

しかし間違った方法での洗浄は逆効果になりますので注意してください。


 

膣内洗浄の注意点

 

まず、膣内を石鹸で洗浄することは絶対にやめましょう。デリケートゾーン専用の石鹸なら、膣内を洗う事が可能だと思っている人もいるかもしれませんが、膣内を洗うことはできません。デリケートゾーン専用の石鹸は、外陰部までを洗う専用の石鹸なので、膣内の洗浄は自浄作用の低下につながります。

 

では、水だけで洗えばいいのかというと、洗浄力が足りないため膣内の細菌やオリモノを完全に洗い流すことはできません。

 

 

× デリケートゾーン石鹸で膣内部は洗えない。
× 水での洗浄は雑菌を洗い流せない。

 

膣内洗浄剤で洗いましょう

膣内の雑菌やおりものを確実に洗浄し、膣内環境を整えるには専用の膣内洗浄剤で洗うことが大切です。

 

  • 確実に雑菌やオリモノを洗い流す
  • 膣内環境を整える

 

洗浄はもちろん、膣内環境を整える乳酸を配合したインクリアがおすすめです。

 

授乳中でも使用可能!産後のニオイ改善にはインクリア

 

 

産後の膣の臭い改善 インクリアは授乳中でも安心

 

インクリアは、飲んでも身体に害がないと言われているほど、身体に優しい成分で作られています。産婦人科医と共同開発されて作られており、膣内部に含まれている乳酸と同じ成分で作られているので安心です。免疫力が弱まっている産後は、カンジダ膣炎、細菌性膣炎などの性病にかかりやすくなるため、自浄作用を高めることができるインクリアで膣内環境を整えていきましょう。

 

出産後の性生活を再開させる前に膣内洗浄を

出産後、パートナーとの性生活を再開させるときの悩みの種が、「会陰部が痛くないか」「悪露は大丈夫か」ではないでしょうか。

 

この2つの問題は、膣内洗浄剤のインクリアで解決できます。「会陰部が痛くないか」に関してですが、インクリアはジェルタイプなので、性行為の前に使用すると、ローショーンの役割になるので痛みが軽減されます。

 

「悪露の臭い」に関しも、膣内部を洗うことで臭いが抑えられるので問題ありません。「出産後の性行為は少し怖い」と、思う方が多いようですが、パートナーはずっと長い間、性生活を我慢しています。膣内洗浄剤で出産後の悩みを解消してパートナーを喜ばせましょう。

 

3ヶ月以上、悪露の症状が続いている場合は受診が必要!

 

人によっても異なりますが、産後の悪露の出血やニオイなどは1〜2ヶ月程度で治るのが一般的です。

 

3ヶ月を経過してもなお不正出血や微熱、下腹部の痛みなどの症状が続いている場合は、何らかの異常がある可能性がありますので、かかりつけの病院で相談してみてください。

 

産後は育児や家事で毎日忙しいかもしれませんが、その違和感を放っておいたままにしておくと大きなトラブルに発展しかねません。

 

子供のためにも早々に原因を突き止め、安心して子育てに取り組める環境作りを心がけてください。